2016年06月25日

ブログ記事を書くテクニックは、音楽がヒントだった!

「読みたくなる記事」は・・・なかなか書けません。なので、どーしたものか?と探っていたら「音楽のように書けばいい」と主張する記事がありました。
↓↓↓
ライフハッカー「よい文章は、音楽のように書く」についての記事へのリンク

記事は長く、内容を完璧理解するには難しさが漂いますが、でも大丈夫!
タイトルがコツの全てのヒントを示しています。

好きな音楽がどんなふうに始まり、テンポの変化や繰り返し、クライマックスの現れ方とクロージングのイメージを思い浮かべながら、似たようなテンポや抑揚やクライマックス、まとめなどを書けばいい、とこんな理解を私はしました。

今まで「起承転結」なんかを習いましたが、
それじゃあ、ありきたりの文章になってしまうような、いくら読み手に分かり易くても「乗り易い車が買いたくなる車とは限らない」ように、多少謎が残っても、魅力あって何回か読み返したくなるブログ記事を書いてみたいと、そんなことを考えるのに役立つ「よい文章は、音楽のように書く」という記事でした。

その一例ではないかと思われるブログを見つけました。
既にブログから出版まで出世された極めて人気のあるブログだそうです。
このブログ、確かに同じ記事を何度か読み返したくなる書きっぷり、文章に抑揚を感じます。
↓↓↓
「イギリス毒舌日記」へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版ビジネス | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

本屋さんすみません。そこは発想する場所になってしまいました

街の書店は本を買うお店ですから、本を買わない人はお客ではないと思います。すみません。私は滅多にお客になれなくて・・・。私が書店に行く目的は「何か面白い発想浮かばないかな」と連想しに行くことばかりで、本を買わないばかりか、手に取ることもあまり無いんです。

書店に入ったら・・・
ひたすら本のタイトルを眺めて歩いています。
一目見て何も感じなければ素通り、たぶん書店に入ってから5分以内に「なんだこりゃ?」と感じるタイトルに出会うことがあります。

気になるタイトルの本を発見したら・・・
そのタイトルに連想して頭に飛び込んでくることをメモします。
「このタイトルの本なら、きっとこんな話が書いてあるに違いない」そう連想できたらその日の目的は達成です。それだけで書店から外に出てしまいます。

外に出たら、さっきのメモを取り出して、こんなストーリーが書けそうだ!と話の流れをもう少し具体的に、あとで帰宅してからパソコンを前にじっくり眺めたら記事が書けそうな程度までメモを補強します。

あとは家で。パソコンの前に座り、メモを取り出して記事を書き始め、最後に記事に見合う別のタイトルに付けなおして記事が完成する・・・ということです。

私は書店でいつもこんなことをしているわけではありません。でも書店に入店する半分ぐらいはそうしているでしょう。特に今日は頭がスッキリしていると感じる日は狙い目です。反対にボンヤリしていたら何も連想できません。入店して5分程度経過しても何も連想が湧くタイトルが見つからなかったら、もうそこに居ても無駄です。読みたい本さえ見つかりません。

そういうことなので、街の書店は私にとって重要な場所なのです。

私の場合、本が並んでいればどこでもいいわけではありません。
図書館はなぜか連想が湧きません。理由は分かりませんが図書館の本は最新ではないので、気持ちの奥底に最新でないものに対する意識の低いことが私の深層にあるのかもしれないです。
ネットのブックショップも連想できません。
これは図書館よりもっと理由が分かりません。ごく稀に早朝の起きたて時間帯にネット書籍のタイトルを見て閃くことはあります。きっと書店の場合は街まで歩いて行く間に気分転換ができて自由な気分になっているからなのでしょうか。

書店に5分以上居続けて何も閃く本が見つからないと「今日は何も獲物が無い・・・」などと焦る気分が自由な気分を害するので連想できないようになるのだとも思います。
タグ:連想と発想

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版ビジネス | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

ロングテールが可能になった、紙の本出版後の電子書籍販売

当ブログ管理人「大庭夏男」はかつて「失敗しない単身赴任マニュアル100」という本をPHP研究所から出版させていただきました。
今日の話は「紙の本は初期の印税一発だけど、電子書籍は細く長く印税が伸びるようだ」ということです。

上述の紙の本を出版後・・・
本屋さんに行くと、果たして私の著書は見当たりません。次にもう少し大きな書店に行きましたが、やっぱり棚にありません。意地になっていちばんデカイ書店に行ったら、やっと一冊だけ本棚に並んでいるのを発見しました。それ以来、どこの本屋でも一冊も見かけたことが無いまま1年経ち「大庭さん、残念ながら第二版は出せる売り上げにならなくて・・・」と出版社から連絡があり、2年後には「在庫はすべて処分ということになりまして・・・」と、また連絡がありました。

全国で5千部の出版規模の本は、そんな運命になるのかも?
しかし幸い手に取ってお買い上げいただいたお方からの書評がネットに掲載さてたのを見つけ「やっぱり読んでくれた人もあったのだ」と嬉しい気持ちにもなりました。しかも出版社からの印税は私にとっては高額なもので、軽トラック1台が買える程度もいただきました。

その後に出版社の別の担当者から電話があり「大庭さんの本を電子書籍でも出版契約できますが、どうしますか?」と聞かれたので、電子書籍でも出版させていただきました。ところが紙の本に比べて電子書籍は値段が安く、しかも印税は1つダウンロードされたら100円ちょっとというものです。

一昨年の電子書籍の印税は6千円程度。
私はこの後はもっと売り上げが減ることを予想して、もはや「失敗しない単身赴任マニュアル100」出版プロジェクトはおしまいだと思いました。
しかし昨年、出版社から送られてきた印税の支払い通知は8千円に増えていました。つまり紙の本はすぐに売れなくなって絶滅しましたが、電子書籍版はむしろ最近売り上げが増えているようなのです。

私は試しに、この「失敗しない単身赴任マニュアル100」をブログで宣伝してみようかと思います。そうしたらもう少し印税が増える(と言ってもせいぜい年1万円程度の印税でしょうけど)かも??

私が思うに、全国5千部程度の出版部数ではあまたある書店に豊富に並ぶわけもなく、たまたま立ち寄ったお客が運よく私の本を見つけて手にとる確率はゼロに等しかったのだと思います。

一方、電子書籍は検索にヒットするか、たまたま私のブログに貼りつけてある宣伝広告を読めば書籍販売サイトからすぐダウンロード可能だから、ニーズがある限り、内容が陳腐にならない限り、日本の会社が単身赴任者を送り出し続ける限り、多分今年もお買い上げいただく方々があると思います。

そういうことなので、出版は電子書籍にターゲットをあてて、長く古くならないようなことを書くと良さそうだと思います。

ただ出版社の人は「紙の本はね、名刺代わりになるんですよ」と言っていました。本を世に出すということはそのようなことらしいです。
でも私は一回も名刺の代わりに「私は大庭夏男と申します」と言いながら本を差し出したことはありません。だって一冊でも値段は1500円以上もしたから、名刺にするには高すぎたからです。


失敗しない単身赴任マニュアル100【電子書籍】[ 大庭夏男 ]


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ起業のイメージ | 更新情報をチェックする