2017年06月16日

「年収30万円でも開業届を出す」の謎を解く

会社を辞めてアーリーリタイアを始めて、私はあえて税務署に開業届を提出し、個人事業主としてやっています。

過日「年収がそんな少額だったら特に開業届けをださなくても大丈夫ですよ」「大庭夏男はなぜ面倒な確定申告をしなきゃいけない個人事業主になったのですか?そのわけ教えて」とのリクエストがあったもんだから、ここに回答しようと思いました。

ただ、他の方々にも参考になるかと思い、コメントリプライではなく、一記事設けました。

年収30万円でも個人事業主のメリット
1.もっと年収は増やそうと努力しているから(基本的なことです)
「会社勤めせずに年収が20万とか30万ならあえて開業届出さなくても済みますよ」「個人事業なら少なくとも年収200万以上ぐらいが相場ですよ」「あんまり無収入が続くと税務署から『アンタ廃業したら』ときますよ」などなど税務に詳しい人から何回もそう聞きました。その回答で一番効くのは「今はそうだけど、将来もっと増やします!」です。実際そう考えているんです。

2.「個人事業主」は看板だから(やや大きなメリットです)
開業届を出さなければ収入は基本的に雑所得となり、個人事業主とか自営業を名乗れません。自称個人事業主になります。すると社会的には「無職」です。無職は信用が低いです。いくら通帳に残高がいっぱいあってもクレジット会社は審査を通過させてくれませんでした。それが個人事業主となった後には、個人年金の収入と合わせての年収が250万円に満たないですが、ちゃんと審査に通るようになりました。そういう意味で職業は重要です。海外旅行でも入国書類に職業を書くとことがあります。当ブログなどでも「大庭夏男 個人事業主」と最近は書いていますが、これも開業届出していなければ虚偽記載になってしまうかもです。

3.個人事業所得は経費が落とせ、しかも雑所得と通算できるから(これは大きなメリット!!)
このメリットは後で知りました。事業収入から経費(事業所得で経費にできるものは幅が広い)を差し引くとマイナス、つまり赤字になることは私の場合ままあります。たとえば車を購入して減価償却する場合、毎年の償却額はデカいので、30万円そこらの年収ではしばらく事業損益の赤字が続きます。この赤字はどうなっちゃうのか?というと、個人年金の金利収入の雑所得からその分を差し引いて課税所得が計算される「損益通算」ができます。

ま、しかしその個人年金の雑所得を入れてもさまざまな「控除」があるので、課税所得はそこから低くなり、場合によりゼロうという「非課税世帯」になることがリタイアするとあるので、損益通算のご利益に気づかないことも多いでしょう。
所得税も住民税もかからないからと安心して。隠れた大物「国民健康保険料」のデカさを見落とすかもです。

しかしたとえ非課税世帯になったとしても国民健康保険料は払わなくてはなりませんが、この国民健康保険料の算出は、控除を差し引く前の、上述した「事業所得と雑所得の損益通算した金額」からはじき出されます。つまり、控除(基礎控除や配偶者控除、社会保険控除などなど)を差し引く前の金額で国民健康保険料が決まるから、ここをいかに低い額に収めるのかが勝負!です。だから経費がいっぱい落とせる事業所得がいいんです!

開業届出したからこそ私の国民健康保険料は安く抑えられましたが、プチビジネスを雑所得扱いでやったら場合はその額も含めて所得が大きく増えてしまいます。雑所得は経費がほとんど落とせませんがリタイアメントは金利収入、年金所得、株の売買収入など多くが雑所得です。その結果多額の国民健康保険料を払わなければならなくなります。

この税金計算と国民健康保険料との関係は、税務に詳しい人でも説明してくれません。ネットにもあまり書いてありません。が、会社員の家族が加入する組合健保などの扶養になっている方々以外のリタイアメントはきっと国民健康保険加入者だと思うので、この保険料対策は無視できないと思います。

4.どうせ妻の仕事の確定申告も私が手続きするから
私の妻もデパ地下で販売員をする仕事をする個人事業主です。従業員になる道もありましたが、そうなると自由に休みを設定できないので「仕事を受けるも受けないも本人の自由!」な個人事業主、つまり販売担当の「業者」になりました。だから経理は私です。それなら“ついでに”私自身の確定申告するのもあまり苦になりません。だって私の方が帳簿つけるのがカンタンだからです。

5.確定申告の理由で東京まで旅行できるから(個人的なメリット)
確定申告は自分自身でもeTaxなどで簡単にできますが、簡単なのは書類の提出がカンタンなだけで、何が経費にできるかできないか、あるいは上述した損益通算できるできないなど税務知識がカンタンかというと、難しいです。奥が深いです。
だから私は東京で以前個人でコンサルタントをしていた時代に通った「東村山青色申告会」にお世話になっています。でも今は関西に住んでいます。

関西は、青色申告会って無いんです!
だから今でもわざわざ関西から車を運転してはるばる東京の東村山まで行くのですが、私には東京にも相続した自宅があり、そこに泊まって東京滞在をする楽しみもあります。でもわざわざ東京ですから、そこに行く立派な理由が無いと「今行かなくても・・・何で今いくのよ」と妻からブツブツ言われます。確定申告手続きしに東村山まで行く必要がある!は、立派な東京出張の理由です。


ただ、ここに書いたメリットは万人共通ではありません。
ふつう(私のような個人年金の金利収入がないとか、受け取る公的年金は年金控除額以下という場合)は基礎控除(本人控除ともいいます)の38万円以下の年間雑所得額だったら確定申告する必要はありません。サラリーマンなど給与所得者や公的年金所得者は他の雑所得が20万円以下でも同様に確定申告は免除されます(ただし住民税は申告して払わなければなりません)。

だから、誰でもかれでもプチビジネスするなら開業届を税務署に提出してやった方がいいとは言い切れませんが、上述したメリットの内、ひとつかふたつぐらいは該当する人は少なくないのではないかな?と思います。

上述ではあえて2.項の個人事業主は看板であるとのメリットを控えめにしましたが(雑所得と損益通算の方が経済的メリットは目に見えるので)、私は「セミリタアイメント」つまりいつもビーチでビール飲みながら悠悠自適している本格的リタイアメントじゃなくて“お金にならないけど好きなことやりたい事”で稼いでいる(小金ですが)プチアントレプレナーである!という意義に価値があると考えていますので、めんどくさいですが税務署に開業届を出して個人事業主といたしました。
タグ:個人事業主

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:34| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

ブログ記事を書くテクニックは、音楽がヒントだった!

「読みたくなる記事」は・・・なかなか書けません。なので、どーしたものか?と探っていたら「音楽のように書けばいい」と主張する記事がありました。
↓↓↓
ライフハッカー「よい文章は、音楽のように書く」についての記事へのリンク

記事は長く、内容を完璧理解するには難しさが漂いますが、でも大丈夫!
タイトルがコツの全てのヒントを示しています。

好きな音楽がどんなふうに始まり、テンポの変化や繰り返し、クライマックスの現れ方とクロージングのイメージを思い浮かべながら、似たようなテンポや抑揚やクライマックス、まとめなどを書けばいい、とこんな理解を私はしました。

今まで「起承転結」なんかを習いましたが、
それじゃあ、ありきたりの文章になってしまうような、いくら読み手に分かり易くても「乗り易い車が買いたくなる車とは限らない」ように、多少謎が残っても、魅力あって何回か読み返したくなるブログ記事を書いてみたいと、そんなことを考えるのに役立つ「よい文章は、音楽のように書く」という記事でした。

その一例ではないかと思われるブログを見つけました。
既にブログから出版まで出世された極めて人気のあるブログだそうです。
このブログ、確かに同じ記事を何度か読み返したくなる書きっぷり、文章に抑揚を感じます。
↓↓↓
「イギリス毒舌日記」へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版ビジネス | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

本屋さんすみません。そこは発想する場所になってしまいました

街の書店は本を買うお店ですから、本を買わない人はお客ではないと思います。すみません。私は滅多にお客になれなくて・・・。私が書店に行く目的は「何か面白い発想浮かばないかな」と連想しに行くことばかりで、本を買わないばかりか、手に取ることもあまり無いんです。

書店に入ったら・・・
ひたすら本のタイトルを眺めて歩いています。
一目見て何も感じなければ素通り、たぶん書店に入ってから5分以内に「なんだこりゃ?」と感じるタイトルに出会うことがあります。

気になるタイトルの本を発見したら・・・
そのタイトルに連想して頭に飛び込んでくることをメモします。
「このタイトルの本なら、きっとこんな話が書いてあるに違いない」そう連想できたらその日の目的は達成です。それだけで書店から外に出てしまいます。

外に出たら、さっきのメモを取り出して、こんなストーリーが書けそうだ!と話の流れをもう少し具体的に、あとで帰宅してからパソコンを前にじっくり眺めたら記事が書けそうな程度までメモを補強します。

あとは家で。パソコンの前に座り、メモを取り出して記事を書き始め、最後に記事に見合う別のタイトルに付けなおして記事が完成する・・・ということです。

私は書店でいつもこんなことをしているわけではありません。でも書店に入店する半分ぐらいはそうしているでしょう。特に今日は頭がスッキリしていると感じる日は狙い目です。反対にボンヤリしていたら何も連想できません。入店して5分程度経過しても何も連想が湧くタイトルが見つからなかったら、もうそこに居ても無駄です。読みたい本さえ見つかりません。

そういうことなので、街の書店は私にとって重要な場所なのです。

私の場合、本が並んでいればどこでもいいわけではありません。
図書館はなぜか連想が湧きません。理由は分かりませんが図書館の本は最新ではないので、気持ちの奥底に最新でないものに対する意識の低いことが私の深層にあるのかもしれないです。
ネットのブックショップも連想できません。
これは図書館よりもっと理由が分かりません。ごく稀に早朝の起きたて時間帯にネット書籍のタイトルを見て閃くことはあります。きっと書店の場合は街まで歩いて行く間に気分転換ができて自由な気分になっているからなのでしょうか。

書店に5分以上居続けて何も閃く本が見つからないと「今日は何も獲物が無い・・・」などと焦る気分が自由な気分を害するので連想できないようになるのだとも思います。
タグ:連想と発想

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版ビジネス | 更新情報をチェックする