2012年02月28日

趣味と実益の範囲でお小遣い収入を得ようとするときの留意点

「自分の好きなことに使えるお小遣いを、“趣味と実益”の範囲内でやりたい」、こう思って何かを始めた場合、留意しておくことがあります。
それは、その収入を得るための“何か”が、負担になって自分を苦しめないようにすることです。

そのためには・・・

1.本格的ビジネスではないから、収入目標をできるだけ低く考えておく
給料や年金で生活できれば、その他の収入を得るために苦労までする理由はそもそもありません。
生活ができないから収入を、とい場合は「趣味と実益」の話しではありませんので、ちゃんと働いて稼ぐことです。
「趣味と実益」の範囲内であれば、「妻のパート収入には負けられん!」などと競争意識は持たずに、最初は「今月1円」の収入を得るところから始めるべきだと思います。
そのうち月収1000円くらいになりますから、それで良し!とします。
給料や年金は月収ウン十万円というケタなのでこれではギャップが大きいですから、早く「趣味で儲けるとはこんなこと・・・」と慣れることが必要です。

2.プチ起業のために借金までしない
ネットビジネスには有料のものがあり、有料のサービスはそれなりに高性能かもしれないです。
ブログサービスでも有料版にはプロバイダーが載せる広告が出ません。
しかもそんなに高額でないサービスが多いから、そのうち有料サービスは気になってくるかと思います。けれどそのために借金まですることはセッタイにやめた方がいいです。
しょせん趣味と実益の範囲。大きく儲かるハズが無いからです。

3.ビジネスチャンスが来ても、見送る
時としてウマイ話しが舞い込むことがあります。
ウマイ話しは裏があって、結局多額のお金を払うことになるかもしれないので、ヤバさは経験豊富な人なら分かるだろうと思います。話しに乗らないべきです。
もっと安全な「いいこと思いついた!」のようなことは熱中していると出くわすことがあります。
そんな中で、儲けにつながるアイデアは、それを考えると興奮してきて「ぜったいモノにしてやる」と張り切る気持ちが出ますが、やらない方がいいかもしれません。
趣味と実益は、所詮ビジネスではなく、遊びの仲間みたいなものですから、張り切って始めると本当のビジネスになってしまい、忙しくなって他の楽しみができず「こんなハズじゃなかった・・・」と後悔する可能性があります。

4.「タダでできること」を決めておく
ネットでブログアフィリエイトをしているだけなら、あまり関係ないかもしれませんが、ボランティアなどの「好きなことでの奉仕活動」を始めると、この課題に直面する可能性があります。
やっていることは基本的に好きなことだから、頼まれるとついつい安請け合いする。これが度重なると、想定外に引き受ける仕事量が増えてしまい、そしてついに「こんなハスじゃなかった・・・」と後悔することになるのです。
こうならないためには無料で引き受けても良い範囲を予め決めておくと良いです。
私の場合、無料でも喜んでするのは「①好きなことを、②好きなときに、③好きなように できるとき」という3原則を作りました。ただし例外も少しあります。でも少しだけです。

5.給料や年金収入があるなら、好きなことも嫌になったらやめる
これは大事です。
私はリタイヤ後は好きなことはできる限りたくさんやりたい、と考えています。
そのため自由な時間を活かして何種類もの趣味を始めました。
何種類も始めた理由は、様子を見ながら長く続けたいこと、新しく加えること、など取捨選択するからです。だから「嫌になったもことが出た」は絶好の捨てるチャンスです。
ひとつ捨てたら、また新しいやりたい事を加えます。

6.好きなことは、万遍なくやる
何かひとつだけやるのでなく、いくつかの「好きなこと」を万遍なくやるようにしたら、その中で次第に優先順位ができます。
大好きで多少の収入ができ、その割に費用がかからなかったことは優等です。
反対に、費用ばっかりかかって自分のお小遣いを減らしているようなものは、撤退を考えます。

7.趣味と実益のやり方を勉強する
勉強の方法はさまざまで、ブログを書いていると読者の方々がコメントを入れていただける機会がありまして、このコメントを読んで初めて分かったこと、コメントから気がついたアイデアなどが得られています。これは宝です。


趣味と実益で構えるプチ起業の要点は、本当のビジネスに入り込まないことにあります。
それでいて、ビジネス感覚を持って「好きなこと」でお小遣い収入を得るのだから、自分の立ち位置をちゃんとわきまえていることが大切です。
あくまでも、自分の趣味をしていることを忘れず、自分目線で。
他の人のニーズを汲み取ることは良いことですが、できることは「自分の好きなこと」の範囲内に収めておくことです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ起業のイメージ | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

シニアはブログアフィリエイトに向く

定年退職は60歳以上、早期退職を実際にする少数派の人達は50歳代以上がメインなのでしょう?
こういう私も52歳でサラリーマンを辞めました。もうアラ還です。
この歳になると・・・嫌な言い方ですが、気がまわりません。私の場合は・・・かもですが。
「俺はまだ大丈夫、まだ気がまわる」と思っていても、少なくても若い人があたりまえ的に求める「空気」みたいな気遣いまで気づかいするのはとても難しいです。

ビジネスではお客様が存在しますから、商品やサービスを受注して、発送して、代金回収するというプロセスがついてまわります。
そのビジネスのプロセスを進めるとき、気がまわらずにお客様を怒らせると、対応に時間がかかり、気分は悪くなるし、売り上げも伸びないかもしれないです。

アフィリエイトプログラムは、このようなビジネスプロセスは広告掲載業者とアフィリエイトプロバイダーの会社が全部やってくれるので、自分はお客様と接することが一切ありません。
気が回らなくても、お客様に迷惑をかけることが無いのです。

つまり、ビジネスプロセスを気にしないで“ビジネスプロセスもろともパッケージになっているアフィリエイト広告”をどんどん増やしていくために、ブログをひたすら執筆投稿することだけに集中していれば良いから気が楽なのです。

「気楽にできる」という特徴は、シニアがする場合に優先度の高い項目です。

さらに、アフィリエイトプログラムのもう一つ優れたところは、
いくら広告をたくさん貼っても、自分自身がそのために忙しくなることがありません。
何日かまったくブログの更新をしなくったって、勢いがついていれば収入が自動販売機のように自分のところに入ってきます。

ブログアフィリエイトは、ネット上に設置する自動販売機のようなビジネスなので、収益の多くは広告掲載業者とアフィリエイトプロバイダーに持って行かれて、実入りは少ないですが、もともと「ブログを好きで書いているだけ」と思えば、それでブログの書き手としては納得できます。
自分は、こんな便利な、自動販売機のようなブログを、ネット上にコツコツと置いてまわることだけしていたらいいです。だからマイペースでできて多忙にならりません。この多忙が防げることも、この先若者みたいにたくさん生きない人生時間のシニアには重要事項です。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

ブログのテーマは豊富に転がっているが、気づかない

専門性の高い内容の記事は読者を集めやすいブログの有力候補です。
「専門性の高い」と言うと、難しそうなイメージがありますが、ある程度うんちくを書ければ価値が出てきます。なのでテーマにする専門性は、あまり難しくない方がいいです。

また、テーマや専門性は、自分の会社でのキャリアや趣味だけではありません。
自分は会社で経理の仕事をしていたから、簿記のことをブログにする・・・
そういうブログも有りますが、そこに貼ったアフィリエイト広告からの収入を楽しみにする考えであれば、もう少し違った観点で、自分の持っているテーマを発掘することを考えてみるのがいいです。

ブログのテーマを見つけるには、自分の経験を思い出してみます。
思い出し方は・・・

1.自分の仕事の専門分野を書く
これは説明する必要が無いと思います。上述の簿記のつけ方ブログを書けば、会計ソフトなどアフィリエイトプログラムで、広告を貼ることもできます。

2.自分の趣味を書く
趣味と言えなくても、趣味に仕立てて書くことも可能です。仕事帰りに通った居酒屋ブログ、リタイヤしてから始めたボランティア日記、同じくリタイヤ後の主夫日記・・・。どれも趣味だと認識してこだわって書くと専門性の高いブログができます。

3.経験を書く
うまく転職した経験とコツ・ノウハウ、単身赴任中の生活ノウハウ、子供を育てる自分のやり方・・・。
過去の事を書くことも、現在進行中のものも書けます。このような経験を書いていると自分のやり方が自分でレビューできるので、生活自体もうまく行くかもしれません。

4.仕事のしかたを書く
サラリーマンリタイヤメントは、今までの経験豊富だから、その中のいくつかをテーマにブログがかけるでしょう。
この話題を書く場合は、焦点を絞ることです。「会社の仕事のやり方」では広すぎていけません。「気の合わない上司の部下になったら」みたいに話題を絞った方が読まれます。内容はあたりまえな事を一般的に書くのでなく、例を挙げて上手くやった実例を書くとどうでしょう。

5.自分の特技を書く
皿回しができる・・・などではなくて、例えば、混んだ電車で席に座るコツとか、会議中に寝る技術などです。ただしこういうテーマは少し間口を広げないと書くネタがすぐに尽きてしまいます。「通勤電車を快適にするためのブログ」とかにして、一つの記事を「混んだ電車で席に座るコツ」などの要領にしたらいいです。

6.自分の住む地域を書く
自分がもし観光地に住んでいるなら、観光案内ブログが書けます。その場合はガイドブックがあまり書かないディープな事を書くと良いでしょう。観光地でない普通の街の散歩ブログもいいと思います。どこに変わった店があるかとか、どこのコンビニはイートインできるとか・・・。このようなブログには旅行会社のアフィリエイト広告が貼れます。

7.こだわりの品々のうんちくを書く
本が好きな人は、書評を書いて、その本をアフィリエイト広告でブログに掲載できます。自転車、サプリメント、腕時計・・・。まず楽天市場などの商品を眺めて「この商品ならうんちくを書けそう」と思うアイテムを見つけ、記事を書いて商品広告を貼れば割りと簡単にブログアフィリエイトが始められます。ただし、かなりその商品アイテムに思い入れや拘りな無いと、短期間で書く話題が見つからなくなるかもしれません。


まだあると思いますが、書けそうなテーマはその気で考えるといっぱい出てくるでしょう。むしろ「こんなくだらないことでブログにできるのか?」とせっかくのネタを即却下することが問題です。多分どんなテーマもアイデア次第でブログになるでしょう。

ただし、書く前に考えておくべきことは、アフィリエイト広告のどれがそのブログに貼れそうか?です。
広告は書いた記事の内容に沿っていることが大事なポイントです。
中には貼る広告が無い、あるいはすごく少ないものもありますから、たくさん書いてしまった後で「貼る広告が見つからない」とならないように考えておきましょう。

私のブログの例を少し添付します。
どれも読者数はそう大したものではありませんが、記事を長期間書かなくても、それなりに読者は集まってくれています。

日曜大工が趣味なので、道具をテーマにしました。
http://pinetail002.seesaa.net/

学生時代に真空管でステレオアンプを作ったことがあるので、真空管アンプをテーマにうんちくを書いたブログです。
http://pinetailmatube.seesaa.net/

犬を飼っているので、犬をテーマにしたブログを書いています。
http://hundhausen.seesaa.net/
ただ、愛犬家ブログでなく、犬はウルサイ、汚す、臭い、に特化して、それを何とかするという内容に仕立てて差別化を図っています。

親が他界して、葬式と相続手続きを経験したので、それをテーマにしたブログを体験談風に書きました。
http://s0uz0ku01.seesaa.net/

会社を早期退職したので、アーリーリタイヤのブログを書きました。
http://oniwasblog.seesaa.net/

こんなふうに自分の経験を思い出して、それをテーマにブログ記事を思うままに書いて行けば、いくつもの違うテーマのブログが次々に出来上がり、それらにアフィリエイト広告を貼る作業をして行けばプチ起業できます。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | 更新情報をチェックする