2013年07月21日

「ブログ飯」は二度おいしくて、身につく本

染谷昌利氏の書いた「ブログ飯」という本が今年の6月に出版されました。
この本は、ブログを書いて、そこに貼られたアフィリエイト広告から収入を得て家族に飯を食べさせる、というプロブロガーをめざすにはどうしたらよいのか、染谷氏の実勢経験から得られたノウハウが丁寧に綴られた本だと、読んでみて分かりました。



私はプロこそめざしてはいませんが、できることならブログで飯が食える一歩か二歩手前ぐらいまでは行きたいなぁ、と夢見ているのでこの本はとても参考になります。

読んでみて一番参考になる“ありがたいところ”は、ブログをどのように“書いたらよいのか”という書く視点に立って綴られているところです。ブログを“読まれるブログ”にするためには、記事を書くということはベースになりますが、売られている多くのブログ本はどちらかと言うとブログ構築のテクニカルな内容に重きを置いているような感じがする中、染谷氏の「ブログ飯」は、どうやってネタを見つけるか、どうやって読んでもらえる文章を書くか、どうやってブログを続けるか、こういう他の本には薄くしか書いていないことが厚く書いてあるという点が、ありがたいところです。

さらに、この「ブログ飯」を読んでいくと「ああ!こんなふうに書いたらいいのか!」という“書き方”のよい例が分かってきます。それは「ブログ飯」の本に書いてある文章そのものです。ブログ飯の文章の書き方は、分かり易くてスラスラ読めて、つい熱中して呼んでしまう“うまい文章そのもの”でできています。

この染谷氏の「ブログ飯」に書いてある文章と、私のブログや本の文章を思い起こして比べてみると「そうだったのか・・・」といくつもヒントが思い当たります。例えば・・・
ブログ飯の本に書かれた文章は、読みやすくて丁寧な表現で書かれていますが、ところどころに“乱れ”が織り込んであるように見えます。ですます調で書かれた基本構成のところどころに「・・・だ」と断定調の個所や「・・・ですね」というインフォーマルな表現があるのが分かります。よく読んでいくとこのところどころにある文章の乱れがメリハリをつけて読み手を文章に引き付けるようになっているのではないか!と思えてくるのです。

国語の授業で習う文章の書き方は「『です・ます』で書き始めた文章に『だ・である』の表現を混ぜこぜにしてはダメですよ」となっているのですが、人を惹きつけるブログの文章はそこを上手に逸脱させた方が読みやすくて、読むことに没頭させられる、のかも知れません。

この本を読んでみて、そう思いました。だから書かれた本の内容自体と、文章そのものがブログの書き方の例になっている、という一冊買って二度おいしい本、になっているのだと思います。
タグ:ブログ飯

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック