2016年04月19日

デパ地下に、プチ起業の商機がある

私の妻はデパ地下食料品売り場の販売員。
でもデパートの正社員やパートではなく、時間単位で販売作業を請け負っている個人事業主。なので「請負販売業」として税務署に開業届を出している個人事業主。自営業者なのです。

こんな仕事を妻が拾ってきたのは偶然でした。
同業者の年輩女性から「この仕事あんたもやらない?」と意向を尋ねられたことから話が進んでいきました。

デパ地下には常時開設している販売の他に「○○物産展」とかいうご当地グルメを期間限定で売る場所があります。ここに全国各地の業者が入れ替わり立ち代わり現れて1週間づつ交代で販売し、デパートはその場所代を徴収します。

販売員は業者自身なのですが、手伝いも必要です。全部業者一人でできません。しかし業者はその都度誰かを臨時で連れて来るのも難しいので、デパートでは販売訓練を受けた、そのデパートの販売事情に詳しい人のリストを持っています。業者はそのリストを見て、良さそうな人に電話して「来週一週間ウチの店で売ってくれない?」などと交渉し、話がまとまったら、その業者と直接取引でデパ地下の指定の場所で販売作業をする、という請負の販売員の仕事が存在しています。私の住む地方都市のAデパートもBデパートも同様でした。

私の妻はその仕事を始めて4年目で、今では「売れっ子」になってしまっています。自給は学生アルバイトと同じぐらいの薄給ですが、プチ起業の妻としてはそんなことより楽しいかどうかが重要なようで、売れっ子として業者の間で知名度が上がったことにとても誇りを感じているようで、最近は家庭内地位は完全に私より妻の方が上です。困ったものです。

ただプチ起業のお約束で、稼いだお金は全額妻の自由にするためのお金であって、私と夫婦二人で海外旅行に行く際に旅費を折半すること以外は、完全に妻所有のお金であるため、私は絶対にタッチできません。

デパ地下では食品を販売するため、ときどきアドバイザーの資格を持った人も現れます。
妻もそれを狙い、更に同業者より勝るため?既に持っている栄養士の資格を管理栄養士や食生活アドバイザーに昇格させるための受験準備も開始していMす。ゆくゆくは業務範囲をデパ地下のみならずレストランにも広げる様子をも示しています。

一方、このプチ起業は私の電子作家?プチ起業よりも収入が多いので確定申告も帳簿つけの仕事が多量に出ます。その帳簿つけは夫である私が引き受けているのですが、どうも妻は私が好きでその仕事を勝手にやっている、あるいは家事として主夫である私が当然やっている、と間違って理解しているようです。いくら説明しても直りません。本当に困ったものです。

妻のこうした「行き過ぎたプチ起業」を私が文句も言わないで応援し続けている最大の理由は・・・

プチ起業したデパ地下販売員の仕事に妻が出かけてしまっている間は、私は家で誰にも何も言われない、静かで心地よい最高の時間を過ごすことができるからなのです。

やっぱり「妻は元気で留守がいい」とは本当です!

SponsoredLink

【関連する記事】
posted by 大庭夏男 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス業 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436858998
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック