2016年04月23日

有償ボランティアの甘い誘いは、拾わない方がいい

ボランティア活動は、
「好きなときに気の合った仲間と、楽しく有意義な・・・」とつい連想してしまいます。甘い考えです。でもこれは半分当たっています。サークル会的ボランティア活動はそんなものです(災害復興ボランティアとは全然違う世界の話ですから、念のため)。
もしそこに「活動したら手当支給しますよ!」と、濡れてに粟なフレーズが付いていたら、一回か二回の参加は良いと思いますが、長い目で見ると時給の低いアルバイトか?と思えてくる場合もあり得ます。

更に悪いことに、アルバイトは仕事の範囲がだいたい決まっています。募集要件に職種が書いてあり、たまにウソつかれて全然違う仕事させられる時があるかもしれません。がボランティア活動は、そもそも活動範囲は曖昧ですから、活動手当が日給のように約束されていたとしても、今日はビラ配り、明日は清掃活動、翌日はイベント手伝いとか、バラバラの仕事に従事することは、ボランティア活動ではあたりまえです。

無償で手弁当のボランティアでは「明日は参加してくれる?」と要請含みの弱腰で参加を頼まれることになります。なぜならお金払わないで仕事してもらうので本人のご機嫌取りをしなければ参加者が集まらないからです。

しかし有償の場合は断ると「あのさー、こっちはお金払ってるんだからさー、ちょっとは協力してよぉ」と、強気に出てくることが無いとは限りません。アルバイトが休みたいと電話かけたら「あのさー、そんな急に休みだなんて言われると困るんだよね。こっちは商売なんだからさー」と言われる、あのムードに似た雰囲気が、自発的活動だったはずの有償ボランティアに、同じ空気が漂っているのを感じることがあるのです。

上述は私の経験で書いた、まさに「日記」的な認識なので、別な事を主張する方々はきっといらっしゃるとは思います。ただ私は人の性は「お金払っているんだから、ちゃんと働けよな!」であり、それはアルバイトであろうがボランティアであろうが変わらないと思います。

そのような理由により、もし有償のボランティア活動に参加するのなら、一日だけの単発ものか、短期間の活動を選んで参加した方がいいです。決して有償ボランティアを活用してプチ起業しようとは考えない方がいいです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランディア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック