2016年05月02日

家族に邪魔されがちな、朝の大事な時間帯

かつて本を執筆するときもそうでしたし、今も続くブログの記事ネタを考えるとき、私には朝起きた直後の1時間は非常に大事な時間帯です。その1時間でその日に書けそうなブログ記事は8割決まってしまいます。

なぜ朝の時間帯は大事なのか・・・
頭が自由だからです。
寝ている間に頭の中がカラッポになっていて、やらなければならない町内会の雑事や、妻に言いつけられた買い物ことも一時的に忘れてしまい、とても自由に想像ができる貴重な時間帯が朝起床後の1時間です。

その時間帯に私はベッドの上に起き上がって座り、ベッドサイドに置いたインスタントコーヒーサーバーでコーヒーを淹れ、スマホサイトをひたすら眺めて、そこに現れたニュースやコラムからインスピレーションがいくつも頭に湧き上がり、そのいくつかは「これは記事にできる!」と確信を得ることができる、そういうときも2日に1日ぐらいはあります。

だから起床後にすぐ外出しなけれなならない日などは、その日1日は午後に自分の時間ができたとしてもブログ記事は1つも書けないかもしれません。

朝起きたてに考えた記事アイデアをメモしておけば、朝の雑事が片付いた後に、実際の記事を書くことはいつでもできます。ブログを毎日書いている中で「何について書こうか?」というアイデア出しが一番の難関で、この難関突破は私の場合は朝起きたての1時間が勝負!こういう感じです。

ところが家族はこの大事な朝の1時間が理解できません。
いくら「この時間は大事だから」と説明しても、お父さんは朝はベッドの上でボーッとしている、としか認識してくれません。

まさしく「下手の考え休むに似たり」のことわざが言うように、家族にとっては大した人物ではない私は「下手」の代表格だから、たとえ私が考えていても、それは休んでいることと瓜二つで判別できないのだと思います。

もし私がいまだに会社に勤務しており、会社のデスクで書類かパソコンを前に手を止めている場面を家族が眺めたとしたら、たとえどのときに昼飯のことを考えていたとしても、家族はきっと私は仕事の事を真剣に考えていると誤解してくれたでしょう。でも今はまさにブログ記事ネタという仕事?のことを真剣に考えていても、きっと私は何も考えないでボケーっと休んでいると誤解されるのです。

だからときどき妻が朝早くから私のところに来て「今日は○○する予定だからね、分かってる!」などと言い始め、大事な私の時間をズタズタにしてしまうのです。

私が自宅で執筆の仕事をすることで、家族に「お父さんは仕事中」と認識されるようになるには、きっと私が直木賞受賞作家にならないと無理でしよう。ブロガーではまったく歯がたちません。

そういうことで自宅でブログ書き続けて収入を得るのはハードルが高いのです。

今日は朝から妻に大事な時間を邪魔されましたが、運よく今日の邪魔されたことをきっかけに、このグチ記事を書くアイデアが浮かびましたのでとりあえず記事化しました。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック