2016年05月04日

ロングテールが可能になった、紙の本出版後の電子書籍販売

当ブログ管理人「大庭夏男」はかつて「失敗しない単身赴任マニュアル100」という本をPHP研究所から出版させていただきました。
今日の話は「紙の本は初期の印税一発だけど、電子書籍は細く長く印税が伸びるようだ」ということです。

上述の紙の本を出版後・・・
本屋さんに行くと、果たして私の著書は見当たりません。次にもう少し大きな書店に行きましたが、やっぱり棚にありません。意地になっていちばんデカイ書店に行ったら、やっと一冊だけ本棚に並んでいるのを発見しました。それ以来、どこの本屋でも一冊も見かけたことが無いまま1年経ち「大庭さん、残念ながら第二版は出せる売り上げにならなくて・・・」と出版社から連絡があり、2年後には「在庫はすべて処分ということになりまして・・・」と、また連絡がありました。

全国で5千部の出版規模の本は、そんな運命になるのかも?
しかし幸い手に取ってお買い上げいただいたお方からの書評がネットに掲載さてたのを見つけ「やっぱり読んでくれた人もあったのだ」と嬉しい気持ちにもなりました。しかも出版社からの印税は私にとっては高額なもので、軽トラック1台が買える程度もいただきました。

その後に出版社の別の担当者から電話があり「大庭さんの本を電子書籍でも出版契約できますが、どうしますか?」と聞かれたので、電子書籍でも出版させていただきました。ところが紙の本に比べて電子書籍は値段が安く、しかも印税は1つダウンロードされたら100円ちょっとというものです。

一昨年の電子書籍の印税は6千円程度。
私はこの後はもっと売り上げが減ることを予想して、もはや「失敗しない単身赴任マニュアル100」出版プロジェクトはおしまいだと思いました。
しかし昨年、出版社から送られてきた印税の支払い通知は8千円に増えていました。つまり紙の本はすぐに売れなくなって絶滅しましたが、電子書籍版はむしろ最近売り上げが増えているようなのです。

私は試しに、この「失敗しない単身赴任マニュアル100」をブログで宣伝してみようかと思います。そうしたらもう少し印税が増える(と言ってもせいぜい年1万円程度の印税でしょうけど)かも??

私が思うに、全国5千部程度の出版部数ではあまたある書店に豊富に並ぶわけもなく、たまたま立ち寄ったお客が運よく私の本を見つけて手にとる確率はゼロに等しかったのだと思います。

一方、電子書籍は検索にヒットするか、たまたま私のブログに貼りつけてある宣伝広告を読めば書籍販売サイトからすぐダウンロード可能だから、ニーズがある限り、内容が陳腐にならない限り、日本の会社が単身赴任者を送り出し続ける限り、多分今年もお買い上げいただく方々があると思います。

そういうことなので、出版は電子書籍にターゲットをあてて、長く古くならないようなことを書くと良さそうだと思います。

ただ出版社の人は「紙の本はね、名刺代わりになるんですよ」と言っていました。本を世に出すということはそのようなことらしいです。
でも私は一回も名刺の代わりに「私は大庭夏男と申します」と言いながら本を差し出したことはありません。だって一冊でも値段は1500円以上もしたから、名刺にするには高すぎたからです。


失敗しない単身赴任マニュアル100【電子書籍】[ 大庭夏男 ]


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ起業のイメージ | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

趣味と実益の範囲でお小遣い収入を得ようとするときの留意点

「自分の好きなことに使えるお小遣いを、“趣味と実益”の範囲内でやりたい」、こう思って何かを始めた場合、留意しておくことがあります。
それは、その収入を得るための“何か”が、負担になって自分を苦しめないようにすることです。

そのためには・・・

1.本格的ビジネスではないから、収入目標をできるだけ低く考えておく
給料や年金で生活できれば、その他の収入を得るために苦労までする理由はそもそもありません。
生活ができないから収入を、とい場合は「趣味と実益」の話しではありませんので、ちゃんと働いて稼ぐことです。
「趣味と実益」の範囲内であれば、「妻のパート収入には負けられん!」などと競争意識は持たずに、最初は「今月1円」の収入を得るところから始めるべきだと思います。
そのうち月収1000円くらいになりますから、それで良し!とします。
給料や年金は月収ウン十万円というケタなのでこれではギャップが大きいですから、早く「趣味で儲けるとはこんなこと・・・」と慣れることが必要です。

2.プチ起業のために借金までしない
ネットビジネスには有料のものがあり、有料のサービスはそれなりに高性能かもしれないです。
ブログサービスでも有料版にはプロバイダーが載せる広告が出ません。
しかもそんなに高額でないサービスが多いから、そのうち有料サービスは気になってくるかと思います。けれどそのために借金まですることはセッタイにやめた方がいいです。
しょせん趣味と実益の範囲。大きく儲かるハズが無いからです。

3.ビジネスチャンスが来ても、見送る
時としてウマイ話しが舞い込むことがあります。
ウマイ話しは裏があって、結局多額のお金を払うことになるかもしれないので、ヤバさは経験豊富な人なら分かるだろうと思います。話しに乗らないべきです。
もっと安全な「いいこと思いついた!」のようなことは熱中していると出くわすことがあります。
そんな中で、儲けにつながるアイデアは、それを考えると興奮してきて「ぜったいモノにしてやる」と張り切る気持ちが出ますが、やらない方がいいかもしれません。
趣味と実益は、所詮ビジネスではなく、遊びの仲間みたいなものですから、張り切って始めると本当のビジネスになってしまい、忙しくなって他の楽しみができず「こんなハズじゃなかった・・・」と後悔する可能性があります。

4.「タダでできること」を決めておく
ネットでブログアフィリエイトをしているだけなら、あまり関係ないかもしれませんが、ボランティアなどの「好きなことでの奉仕活動」を始めると、この課題に直面する可能性があります。
やっていることは基本的に好きなことだから、頼まれるとついつい安請け合いする。これが度重なると、想定外に引き受ける仕事量が増えてしまい、そしてついに「こんなハスじゃなかった・・・」と後悔することになるのです。
こうならないためには無料で引き受けても良い範囲を予め決めておくと良いです。
私の場合、無料でも喜んでするのは「①好きなことを、②好きなときに、③好きなように できるとき」という3原則を作りました。ただし例外も少しあります。でも少しだけです。

5.給料や年金収入があるなら、好きなことも嫌になったらやめる
これは大事です。
私はリタイヤ後は好きなことはできる限りたくさんやりたい、と考えています。
そのため自由な時間を活かして何種類もの趣味を始めました。
何種類も始めた理由は、様子を見ながら長く続けたいこと、新しく加えること、など取捨選択するからです。だから「嫌になったもことが出た」は絶好の捨てるチャンスです。
ひとつ捨てたら、また新しいやりたい事を加えます。

6.好きなことは、万遍なくやる
何かひとつだけやるのでなく、いくつかの「好きなこと」を万遍なくやるようにしたら、その中で次第に優先順位ができます。
大好きで多少の収入ができ、その割に費用がかからなかったことは優等です。
反対に、費用ばっかりかかって自分のお小遣いを減らしているようなものは、撤退を考えます。

7.趣味と実益のやり方を勉強する
勉強の方法はさまざまで、ブログを書いていると読者の方々がコメントを入れていただける機会がありまして、このコメントを読んで初めて分かったこと、コメントから気がついたアイデアなどが得られています。これは宝です。


趣味と実益で構えるプチ起業の要点は、本当のビジネスに入り込まないことにあります。
それでいて、ビジネス感覚を持って「好きなこと」でお小遣い収入を得るのだから、自分の立ち位置をちゃんとわきまえていることが大切です。
あくまでも、自分の趣味をしていることを忘れず、自分目線で。
他の人のニーズを汲み取ることは良いことですが、できることは「自分の好きなこと」の範囲内に収めておくことです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ起業のイメージ | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

リタイアメントのための働き方提案

昨年暮れ(2011年)に放送されたテレビ東京のワールドビジネスサテライトで、定年後に“引き続き働く”を選ぶ人が“働かない過ごし方”を選ぶ人よりかなり多い、という説明を円グラフを使って説明していました。
番組では、働き続ける人と、働かないで過ごす人、それぞれにどのような選択肢があるかを取材して紹介していまして、その内容は興味のあることでした。

ここで言う“働く”とか“働かない”は、「お金を稼ぐためのビジネスをする」のが働くの意味です。番組では、このビジネスをサラリーマンを主にとらえて、働き続けることは定年後の継続雇用の意味で紹介されていました。

ワールドビジネスサテライトでの分類はこうでしたが、私はテレビを見ながらちょっと違うことを考えました。

なぜなら、例えば家庭の専業主婦は、普段は家事をしているので、この分類では“働いていない”になってしまいます。でも主婦は働いていないのではなく、家事をして“働いている”わけです。
私はリタイヤして主夫になりましたので、家事をしますから“働いている” のに、上述の分類では“働いていない”になるのです。

そうか!「働いていないと思われている働き方」があるんだ!

これをもう少し考えると、自覚上は働いていないのに稼げる仕事。ビジネスという分類に入らないビジネス?があるんだ、ということに、ふと気がつきました。
ここに目をつけると、死ぬまでその“ビジネスでないようなビジネス”で働き続けられるのではないか!?とも思えます。

そんな“ビジネスでないようなビジネス”はこんな例があります。
例えば魚釣り。
お金は釣れないけど、釣った魚を夕食で食べることはできるから、
普通は、稼ぐ→魚を買う→食べる であるのを、釣る→食べる とお金抜きでショートカットしたのと同じになると見ても・・・おかしいでしょうか?

私はブログを書いて、楽天の広告を貼った記事を書いています。
ときどき、そこから商品をお買い上げいただいた訪問者様があると、販売したお店から楽天を通してポイントが入ります。ポイントが貯まると楽天で商品に交換できます。
ブログはネット上に日記を書くことなのでなので“働いている”という感じはありません。

探せばもっとネタがあるでしょう。

どれも“ビジネスでないようなビジネス”じゃ大して儲からないけど、年金で生活する人には、稼いだお金で生活ができてしまうほどの大金は本当に要るんでしょうか??
「お小遣い程度の収入」でもし済むなら、収入より楽しみを優先させたらどうでしょうか?

楽しみだけなら、ビジネス要素がまったくない趣味をしたらいいのですが、それだと稼げないですから・・・

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ起業のイメージ | 更新情報をチェックする