2016年05月02日

家族に邪魔されがちな、朝の大事な時間帯

かつて本を執筆するときもそうでしたし、今も続くブログの記事ネタを考えるとき、私には朝起きた直後の1時間は非常に大事な時間帯です。その1時間でその日に書けそうなブログ記事は8割決まってしまいます。

なぜ朝の時間帯は大事なのか・・・
頭が自由だからです。
寝ている間に頭の中がカラッポになっていて、やらなければならない町内会の雑事や、妻に言いつけられた買い物ことも一時的に忘れてしまい、とても自由に想像ができる貴重な時間帯が朝起床後の1時間です。

その時間帯に私はベッドの上に起き上がって座り、ベッドサイドに置いたインスタントコーヒーサーバーでコーヒーを淹れ、スマホサイトをひたすら眺めて、そこに現れたニュースやコラムからインスピレーションがいくつも頭に湧き上がり、そのいくつかは「これは記事にできる!」と確信を得ることができる、そういうときも2日に1日ぐらいはあります。

だから起床後にすぐ外出しなけれなならない日などは、その日1日は午後に自分の時間ができたとしてもブログ記事は1つも書けないかもしれません。

朝起きたてに考えた記事アイデアをメモしておけば、朝の雑事が片付いた後に、実際の記事を書くことはいつでもできます。ブログを毎日書いている中で「何について書こうか?」というアイデア出しが一番の難関で、この難関突破は私の場合は朝起きたての1時間が勝負!こういう感じです。

ところが家族はこの大事な朝の1時間が理解できません。
いくら「この時間は大事だから」と説明しても、お父さんは朝はベッドの上でボーッとしている、としか認識してくれません。

まさしく「下手の考え休むに似たり」のことわざが言うように、家族にとっては大した人物ではない私は「下手」の代表格だから、たとえ私が考えていても、それは休んでいることと瓜二つで判別できないのだと思います。

もし私がいまだに会社に勤務しており、会社のデスクで書類かパソコンを前に手を止めている場面を家族が眺めたとしたら、たとえどのときに昼飯のことを考えていたとしても、家族はきっと私は仕事の事を真剣に考えていると誤解してくれたでしょう。でも今はまさにブログ記事ネタという仕事?のことを真剣に考えていても、きっと私は何も考えないでボケーっと休んでいると誤解されるのです。

だからときどき妻が朝早くから私のところに来て「今日は○○する予定だからね、分かってる!」などと言い始め、大事な私の時間をズタズタにしてしまうのです。

私が自宅で執筆の仕事をすることで、家族に「お父さんは仕事中」と認識されるようになるには、きっと私が直木賞受賞作家にならないと無理でしよう。ブロガーではまったく歯がたちません。

そういうことで自宅でブログ書き続けて収入を得るのはハードルが高いのです。

今日は朝から妻に大事な時間を邪魔されましたが、運よく今日の邪魔されたことをきっかけに、このグチ記事を書くアイデアが浮かびましたのでとりあえず記事化しました。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

ボランティア活動で困る 先輩ヒエラルキーと井戸端会議

ボランティア活動に参加して、そこでプチ起業で儲かるチャンスは掴めるか?
という問いに、やり方と考え方次第では可能かもしれない、と過日書きました。ボランティア団体ではホームページ作成や会計などの定型業務もあるので、そこを専門に契約して対価を受け取るビジネスはあり得ます、ということを書きました。

では、世の中にあまたあるボランティア団体のどこに参加したらいいのでしょうか?
この問いには、プチ起業として選ぶのであれば、参加しているメンバーが男女半々な団体を優先的に選んで候補とすべきでしょう、と言いたいです。

なぜならこのような男女半々で活動している団体では、ボランティア活動でときどき困る 先輩ヒエラルキーと井戸端会議という害があまり蔓延ることが無いと、期待できるからです。

逆に、男性ばかりの活動団体は先輩ヒエラルキーが育ちやすく、女性ばかりで運営している団体は、なんにも活動方針が定まらない井戸端会議が延々と続くことになりかねないのです。

男性ばかりの集団で先輩ヒエラルキーが育ちやすい理由は、会社での上司と配下、年長者と若輩者の関係をボランティア活動がそのまんま引きずるからです。多くの日本企業では年功序列がいまだに顕在で、先輩が後輩に対して優位に立つ徒弟制度のような関係が続いています。最近では文化の進んだ企業では先輩ヒエラルキー色が薄らいだようなので、あと何十年かしたらもはや過去の遺物になるかもしれません。だけど今はまだあります。特に会社員をリタイアした層の参加が多いボランティア団体では、例外的に広い心を持った人がまとめていない限り階層社会ができてしまいます。
そんなところで活動するのは好きですか?
案外好きは人は多いものです。だけど私は嫌いです。

女性ばかりの集団では井戸端会議が頻繁に起こります。なぜならば、ボランティア活動に積極参加する層は主婦層が多いです。今までの主婦は専業主婦が一般的でした。そのため会社勤務経験が男性ほど長くなかったでしょう。男性の場合、年功序列で管理的立場になりますので、配下の意見をまとめるとか、会議を効率的に進めるなどの手腕が勤務体験で身に着くようになるから、堂々巡りの井戸端会議を嫌います。しかし女性の場合は管理的立場経験者が少数派なので、たまたまそのような手腕を持った女性がリーダーである場合はともかくも、だいたいにおいてはのびのびと井戸端会議が延々と続く光景を目にするのも珍しくありません。
井戸端会議はとにかく「決めません」。井戸端会議の隠された目的は、決して決めることではなく協調することです。協調がつかめれば自動的に物事は決まったも同然。「空気を読めるようにすること」なのです。

ところがおっさん、オヤジ、シニアなどなど微妙な空気が読めない世代男性にとって、空気みたいな井戸端会議は気持ち悪くてしょうがない。これが現実です。

このような特徴を持つ男女会員がごちゃまぜになると・・・
先輩ヒエラルキーの発達が女性によって阻害されます。なぜなら協調の構築には先輩後輩序列はふさわしくないからです。女性の抱く序列はあくまでもリーダーを核とする協調の大小であるべきで、男形の年齢による上意下達で片付く簡単なものではないのです。

反対に女性の井戸端会議は男性によって一蹴されて消えてなくなります。井戸端会議が始まると男性会員は、最初それに気づきません。ただの雑談だと思っています。しかし「重要なことが話されている」と知るや否や、その井戸端会議は男性リーダー格により「わかった!話まとめよう!」と結論が急がれて、あっけなく井戸端会議は協調まで至らず「みんなわかったな!」で終結します。

ただこれによって女性は満足したわけでなく「男に会をまとめさせたらアカン!」との意識が高まり、男性も含めて協調路線に持ち込む動きとなり、結果的に両方の妥協点のリーダー格が一人か二人であとはヒラ会員みたいな理想に近いボランティア組織が出来上がる、とこういうわけです。

このようなボランティア団体は私にとっては居心地がいいです。のびのびとプチ起業のネヤを拾うことができます。

だから私みたいなタイプの人は、
男女半々ぐらいがいつも活動しているかどうか?を見て、その中から会の雰囲気や価値観自分と共通できるかどうかなど評価して決めていったらどうでしょうか?と思います。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランディア | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

有償ボランティアの甘い誘いは、拾わない方がいい

ボランティア活動は、
「好きなときに気の合った仲間と、楽しく有意義な・・・」とつい連想してしまいます。甘い考えです。でもこれは半分当たっています。サークル会的ボランティア活動はそんなものです(災害復興ボランティアとは全然違う世界の話ですから、念のため)。
もしそこに「活動したら手当支給しますよ!」と、濡れてに粟なフレーズが付いていたら、一回か二回の参加は良いと思いますが、長い目で見ると時給の低いアルバイトか?と思えてくる場合もあり得ます。

更に悪いことに、アルバイトは仕事の範囲がだいたい決まっています。募集要件に職種が書いてあり、たまにウソつかれて全然違う仕事させられる時があるかもしれません。がボランティア活動は、そもそも活動範囲は曖昧ですから、活動手当が日給のように約束されていたとしても、今日はビラ配り、明日は清掃活動、翌日はイベント手伝いとか、バラバラの仕事に従事することは、ボランティア活動ではあたりまえです。

無償で手弁当のボランティアでは「明日は参加してくれる?」と要請含みの弱腰で参加を頼まれることになります。なぜならお金払わないで仕事してもらうので本人のご機嫌取りをしなければ参加者が集まらないからです。

しかし有償の場合は断ると「あのさー、こっちはお金払ってるんだからさー、ちょっとは協力してよぉ」と、強気に出てくることが無いとは限りません。アルバイトが休みたいと電話かけたら「あのさー、そんな急に休みだなんて言われると困るんだよね。こっちは商売なんだからさー」と言われる、あのムードに似た雰囲気が、自発的活動だったはずの有償ボランティアに、同じ空気が漂っているのを感じることがあるのです。

上述は私の経験で書いた、まさに「日記」的な認識なので、別な事を主張する方々はきっといらっしゃるとは思います。ただ私は人の性は「お金払っているんだから、ちゃんと働けよな!」であり、それはアルバイトであろうがボランティアであろうが変わらないと思います。

そのような理由により、もし有償のボランティア活動に参加するのなら、一日だけの単発ものか、短期間の活動を選んで参加した方がいいです。決して有償ボランティアを活用してプチ起業しようとは考えない方がいいです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランディア | 更新情報をチェックする