2016年04月22日

ボランティアは、広い心を持てば、プチ起業になり得るかも

煮え切らないタイトルですが、私の経験するボランティア感は、この通りです。
ここで言うボランティアとは、災害復興ボランティアなどではなく、もっと同好会的なボランティア活動のことで「好きなことを気の合う仲間と汗流して、それが社会貢献にもつながる」みたいなことを指しています。

ボランティア活動は「手弁当で無報酬」が原則です。
原則ということは「実はそうでもない」というニュアンスを含んでいて、結果として「一年間ご苦労様でした」という労いの言葉に合わせて、いくばくかの報酬を受け取ることも無くはありません(可能性として小さいし額も少ないですが)。なのでこの収入を期待してプチ起業の一業種にしたいと画策することはできます。実際、私はボランティア活動で収入があります。

ただ、以下の理由で、世に言う「事業」には成り難いです。
●仕事を受ける前に対価について約束が無ければ事業として扱えない
つまりボランティアで収入が有っても、その金額が仕事する以前に何らかの約束が交わされたものでなければ、税務署は事業所得扱いにしてくれず、収入は雑所得扱いにされてしまいます。なので、もしプチ起業の内容全部がボランティア収入に依存するものらとしたら、そのプチ起業は税金に有利な青色申告対象ではなく経費もごく限られたもの(たとえばボランティア活動に行き来するときの交通費ぐらい)しか認められないという弊害が出ます。

しかし上述は「私は事業している」と公言できないことぐらいの話。
もし仮にすごい収入がそこから得られたとしたら税金支払いが増えるでしょうが、そんなことは実際にまず起きることは考えられないでしょう。

しかし、やり方によって本当の事業にできる道もあります。
●ボランティア団体から「仕事」を受注する
ボランティア団体は小規模な任意団体から大規模なNPO法人までいろいろあります。特に規模の大きな団体の場合は、事業を行っており、寄付金収入もあります。さらに団体組織や活動は会社に近く、有償の職員を抱え、経理や広報などの仕事がそこにあります。そういう仕事の中から請け負える有償のものを契約して収入を得ることも、場合によっては可能です。私の収入とはこれです。webサイトの更新業務から収入を得ています(微々たるものですが)。

ここまでは、ちゃんとした事業カテゴリーで、ボランティア活動がプチ起業の対象になるかどうか?という話でしたが、もっと広い心を持てば、ボランティア活動でプチ起業はできるという話を以下にします。

1.事前に約束されない収入であっても、とにかく収入が期待できるならプチ起業だ!
上述の「事業だと公言できない」にこだわらず、とにかく収入があればメデタシメデタシ、無くて元々、と思えばいいです。
ボランティア活動は主に寄付金収入と会費収入に頼っています。会費収入は団体の維持にほぼ消えてしまうので「一年間ご苦労様」で渡されるお金が出るとすれば寄付金収入が有るかどうかにかかっています。寄付金は個人もありますが、企業からの寄付金が額が多く、同様な性格のものに自治体からの活動支援金などもあります。このような寄付金や活動支援金は、活動結果を報告し、その出来栄えを評価してから支給されるため、事前に「払いますよ」と約束できません。だから正式な事業所得にできませんが、とにかく活動団体がしっかりしていれば、結果的に活動メンバーにいくばくかのお金が支給されます。これを「出たらいいなぁ」と期待半分で、プチ起業する。そういう手もあります。

きっと一年間月に数回活動に加わって、支給される金額は、夫婦で国内旅行一回できるかどうかの額ですから、サラリーマンなら所得税申告免除の年20万円未満になるんじゃないでしょうか。

2.お金に限らず、モノやサービスという「価値」がゲットできたら、それは「ある意味事業だ」と考える。
どういうことかというと・・・
ボランティア活動で荒地を整備して畑をつくり、そこに野菜を育てたとします。実った野菜を「活動のご褒美ですよ」ともらって帰れたら、そいつは夕食に食べられるから立派な「価値がある」と、広い心で対価を考えたらプチ起業になる。というわけです。

実際この手のタイプのボランティア活動をやっていると、農産物や山菜のお持ち帰りはすごく多いです。先日はご近所に配るぐらいの量の筍をゲットしました。またイベント場所の整備を行うボランティアでは、イベント後に食材が大量に余ることがいつもで、それをお持ち帰りすることも多々あります。

本来こういうお持ち帰りは収入ではありませんが、現実にそれらの収穫物は食べられるのですから「価値」をゲットしたことで、お金をゲットしたこととそう大きな違いはありません。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランディア | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

個人事業マネキンのメリット

マネキンとは・・・
過日投稿した、販売の専門家のことです。もともとは自ら化粧したり商品を身に着けて、商品のモデルも兼ねる販売員だったものが、拡大解釈されてあちこちの販売第一線で店頭販売する売り子のことを言ったものだそう。

そのマネキンには派遣会社に所属するマネキンと、個人事業者で、お声をかけてくれた業者と直接請負契約する方式がポピュラーなもの。
どうも派遣社員のマネキンは、その専門性が高く評価されたら高給取りになれるのだそうですが、一方の個人事業マネキンはそうでもない。私の妻のやっている個人事業マネキンは薄給です。

それでもなぜ?あえて個人事業マネキンを続けているのか?
今日の記事はそのカラクリを披露します。

個人事業マネキンのメリット
1.やり方次第で休みが自由にとれる これがプチ起業最大のメリット!!
もちろん仕事は業者が相手なので「明日休みます」などは業者に迷惑かかりますからできません。しかし「3か月後は一か月休業にします」はできます。その間の契約を受けなければいいのです。

これは予定がたつ長期外出が欠かせない人にはとてもメリットがある働き方で、例えば海外旅行が趣味な場合、ときどき孫の世話が必要になる人、ときどき病院で検査入院が必要な人などなど、まとめて定期的にある程度長く仕事をオフにしたい人には契約社員である以上に役立ちます。

なぜなら社員というからには、その会社の就業規則に従わなければクビになります。だから利用できる休暇には限度があり、休暇限度を超えて欠勤が続くことになると退職せざるを得ないから簡単に休めません。

ところが、個人事業では働かない期間は単に「休業状態」です。当然収入は無いから、生活を支える場合は無理ですが、プチ起業のように“生活を支えない働き方”としては、必要なだけ働いて、休みは精一杯とる、という働き方に適しています。

2.デパートの準従業員みたいな特典が得られる(こともある)
私の妻はもう長いことマネキン仕事をしています。そのためなのでしょう、いつも出入りしているデパートから従業員用割引特典の権利を与えられていまして、これが家計に役立つこともあります。デパート商品はそもそも値段が高いので、晩御飯のおかずをデパートで買うことはありませんが、服を買う場合はその権利を行使させていただいています。

3.働き方はパート社員とほぼ同じ だからあんまり忙しくない
だから出勤時刻も退勤もほぼ決まっていますから、仕事のために徹夜なんていう個人事業が陥り易い忙しさがありません。

4.薄給なので青色申告でほぼ非課税になる
妻の場合は年収130万円です。これから経費(20万円程度です)を引き、青色申告特別控除の65万円を引き、社会保険控除の18万円ぐらいを引き、基礎控除の38万円を引くと残りはマイナス。だから所得税がかかりません。もし私がサラリーマンで、妻が派遣で同じ仕事をしたとしたら、妻の年金は第三号被保険者になってタダですから、やっぱりサラリーマンの妻(夫の場合でも)ならパートの方がいいかもですが、どちらも肩を並べる低コストな働き方です。

しかし年金受け取り世代であれば、給与所得があると受け取り年金に制限が出る場合があります。
下記リンク参照
↓↓↓
在職老齢年金とは

もしもっと稼ぎたい場合は、給与所得の制限に抵触しないで働きながら年金が受け取れる個人事業のメリットが大きくなるでしょう。


ただ個人事業マネキンのデメリットは、売れないと仕事がすぐに来なくなること。それに青色の確定申告をするために複式簿記の記帳をする面倒くさい仕事が付加されることです。

確定申告は青色の他に単式簿記で済む白色もありますが、白色では65万円の特別控除が付きませんから所得税が出やすいです。ましてやなーんにも申告しなかったら、もし38万円以上の所得があった場合は脱税したことになってしまいます。だから確定申告はほぼ必須です。
タグ:マネキン

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス業 | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

デパ地下に、プチ起業の商機がある

私の妻はデパ地下食料品売り場の販売員。
でもデパートの正社員やパートではなく、時間単位で販売作業を請け負っている個人事業主。なので「請負販売業」として税務署に開業届を出している個人事業主。自営業者なのです。

こんな仕事を妻が拾ってきたのは偶然でした。
同業者の年輩女性から「この仕事あんたもやらない?」と意向を尋ねられたことから話が進んでいきました。

デパ地下には常時開設している販売の他に「○○物産展」とかいうご当地グルメを期間限定で売る場所があります。ここに全国各地の業者が入れ替わり立ち代わり現れて1週間づつ交代で販売し、デパートはその場所代を徴収します。

販売員は業者自身なのですが、手伝いも必要です。全部業者一人でできません。しかし業者はその都度誰かを臨時で連れて来るのも難しいので、デパートでは販売訓練を受けた、そのデパートの販売事情に詳しい人のリストを持っています。業者はそのリストを見て、良さそうな人に電話して「来週一週間ウチの店で売ってくれない?」などと交渉し、話がまとまったら、その業者と直接取引でデパ地下の指定の場所で販売作業をする、という請負の販売員の仕事が存在しています。私の住む地方都市のAデパートもBデパートも同様でした。

私の妻はその仕事を始めて4年目で、今では「売れっ子」になってしまっています。自給は学生アルバイトと同じぐらいの薄給ですが、プチ起業の妻としてはそんなことより楽しいかどうかが重要なようで、売れっ子として業者の間で知名度が上がったことにとても誇りを感じているようで、最近は家庭内地位は完全に私より妻の方が上です。困ったものです。

ただプチ起業のお約束で、稼いだお金は全額妻の自由にするためのお金であって、私と夫婦二人で海外旅行に行く際に旅費を折半すること以外は、完全に妻所有のお金であるため、私は絶対にタッチできません。

デパ地下では食品を販売するため、ときどきアドバイザーの資格を持った人も現れます。
妻もそれを狙い、更に同業者より勝るため?既に持っている栄養士の資格を管理栄養士や食生活アドバイザーに昇格させるための受験準備も開始していMす。ゆくゆくは業務範囲をデパ地下のみならずレストランにも広げる様子をも示しています。

一方、このプチ起業は私の電子作家?プチ起業よりも収入が多いので確定申告も帳簿つけの仕事が多量に出ます。その帳簿つけは夫である私が引き受けているのですが、どうも妻は私が好きでその仕事を勝手にやっている、あるいは家事として主夫である私が当然やっている、と間違って理解しているようです。いくら説明しても直りません。本当に困ったものです。

妻のこうした「行き過ぎたプチ起業」を私が文句も言わないで応援し続けている最大の理由は・・・

プチ起業したデパ地下販売員の仕事に妻が出かけてしまっている間は、私は家で誰にも何も言われない、静かで心地よい最高の時間を過ごすことができるからなのです。

やっぱり「妻は元気で留守がいい」とは本当です!

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス業 | 更新情報をチェックする